結婚式のドレスをレンタルする時の注意点

多様化するドレス

結婚式のスタイルが多様化するに伴い、参列客の服装も様々なものが見受けられるようになりました。ほんの一昔前までは、日本の結婚式と言えば格調の高いものが殆どで、若い女性もきっちりとしたスーツやドレス、あるいは和装でもランクの高い装いで出席するものでした。現在においても、あえてこういった「格調の高い」お式・披露宴をあげるという場合にはもちろんそれなりの正装で臨みますが、場合によってはかなりくだけても大丈夫、というパーティもあります。
要は、結婚式やパーティがどういった雰囲気のものを目指しているのかをその都度きちんと把握しておけば、ほとんど問題はありません。招待状だけでははっきりとわからない場合は、新郎新婦や親族の方などにそれとなく聞いてみたり、あるいはパーティ会場のHPを見たりして、カジュアルなのかオフィシャルなのかをよくリサーチすることが大切なのです。そこまで肩に力を入れなくてよい…という場合、女性ならいわゆる「きれいめ」のワンピースなどが定番です。
通販などでは、数千円で購入できる華やかなミニドレスも多いのですが、もう少し予算を足して、シンプルでラインのきれいなものを購入しておけば、アクセントのアクセサリーやショールなどをかえて、何度も使い回しができるのでおすすめです。言うまでもありませんが、新婦の色である白や、それに近いクリームやアイボリーなどは避けたほうが賢明です。

レンタルの花嫁ドレス

結婚式のドレスを購入する人もいますが、レンタルも出来ます。ここではウェディングドレスをレンタルする時に気を付けたいポイントについて知りましょう。
先にどんなドレスがいいのかイメージしておくことも重要です。大事な事は花嫁自身がどんなドレスを着たいのかイメージを固めておく事です。ネットや雑誌などいろいろな方法でドレスについて知る事はできるので、調べておくといいでしょう。その後に実際にレンタルダレスのお店に通い試着するうちに段々とどんなのがいいのかはっきりとしてきます。
試着の時には誰かに付き添ってもらいましょう。できれば母親やパートナーがいいです。鏡があっても後ろから見た姿やシルエットをチェックしてもらうにはショップのスタッフとは別に自分に近しい人がいるといいです。その方が少しくらい辛口の意見が聞けます。その事でどのようなドレスがいいのか明確になります。
試着する日は本番に近いメイクで行うのが良いです。花嫁ヘアアレンジやメイクは、日常のものと違い、ブライダルヘアメイクと言われます。これは豪勢な花嫁衣装と釣り合うように濃い目のメイクになります。レンタルを検討しているのなら、できるだけ本番に近いようなメイクをして試着した方が間違いないです。結婚式のドレスを着る事は夢見た事がある女性は多いです。本番で最高の姿で結婚式を挙げる事ができるようにレンタルする時には気を付けるポイントを押さえておきましょう。

PICK UP

コンプレックス別結婚式ドレスの着こなし方

コンプレックスの活かし方 結婚式を華やかに彩るのはウェディングドレスです。普段、結婚式で着るようなドレスを身に着ける事はありません。ゴージャスな服装ですがドレスを着こなすにはそれぞれの人の体に合わす必要があ…

READ...

結婚式場とドレスの数について

民族衣装 結婚式の二次会は正直、結婚式とは全く異なるものだと言ってよいでしょう。男性の場合は、結婚式からそのまま行かれる方はスーツですし、途中から参加する方もカジュアルなスーツスタイルを楽しんだりしています…

READ...

結婚式のドレスをレンタルする時の注意点

多様化するドレス 結婚式のスタイルが多様化するに伴い、参列客の服装も様々なものが見受けられるようになりました。ほんの一昔前までは、日本の結婚式と言えば格調の高いものが殆どで、若い女性もきっちりとしたスーツや…

READ...

結婚式用ドレスをマンネリ化しないためには

友達と貸し借り 結婚式に招待されると、まず何を着ようと考える人が多いと思います。私自身、第一次結婚ラッシュといえる5年ほど前、年に4回ほど招待される時期が2年ほど続きました。結婚式用ドレスは洋服屋さんにもた…

READ...